注文住宅を建てるのは一生に一回あるかないかというのが通例です。初めてだからどのくらいのお金があれば良いかわからない、どんなポイントを押さえたら良いかわからないという人も多いので、重要な点を理解しておきましょう。

注文住宅の予算

注文住宅を建てるためにはどのくらいの予算を用意できれば良いのかというのは多くの人が抱える悩みです。予算の獲得方法も含めて、いかにしてお金を用意したら良いかを理解し、着々と準備を整えられるようにしましょう。

注文住宅にかかる一般的な費用

ハウスメーカーの広告に注文住宅の価格と施工例が載っていることがありますが、たいていの場合、そこに表示されている価格だけでは家は建ちません。注文住宅を建てるには建物本体の価格だけではなく「その他の費…

注文住宅で使われる住宅ローン

注文住宅を建築する場合、ほとんどの人が10年以上にわたる長期の住宅ローンを組んで購入しています。注文住宅は施工主の自由度が高いので、理想のマイホームに実現させるためには間取りや建材選び、建材の選定…

夢を形にしてくれる注文住宅

注文住宅とは、建築主が施工を依頼する住宅メーカーや工務店、間取りや内装・外装まで自由に注文することができる住宅です。

自己資金はどのくらいあれば良いか

夢のマイホームを注文住宅で建てる

お金はできるだけあった方が良いですが、普通に仕事をしている上ではなかなか貯まらないのが現実です。そんな中でも人々は夢のマイホーム購入を憧れますし、できれば自分の理想通りのマイホームを購入したいと考えます。理想的なマイホームと言えば、間取りやその他さまざまな部分で理想を取り入れることができる注文住宅です。注文住宅を購入する場合、まず頭金となる自己資金は全体費用の1割は蓄えておきたいです。具体的には建売一戸建て住宅に比べて高額になる注文住宅では、購入する地域にもよりますが5000万円程度が相場です。ですから、この総額の1割となる500万円ぐらいは頭金として用意しておきたいです。もちろん、それ以上持っていれば住宅ローンでの借り入れが減るので有利です。

自己資金を貯めてから家を買う

夢のマイホームとして注文住宅を購入したい人でも、自己資金にゆとりがない状態なら、マイホームの購入はお金がそれなりに貯まるまでは待つべきでしょう。少ない自己資金でも注文住宅が購入できないことはありませんが、その状態で購入した場合、銀行などからの借入金額が大きくなってしまい、返済が大変です。多くのお金を借りることになれば、無駄な利息分の支払いが大きくなります。ですから、注文住宅の購入を検討するのであれば、まずはある程度のお金を蓄えた上で計画性を持って購入しましょう。せっかく注文住宅を購入しても、自己資金がなく借り入れが大きいと、毎月の返済が大変でせっかく楽しい注文住宅での暮らしも窮屈なものとなりかねません。

注文住宅で重要なポイント

注文住宅を建てて成功したという人もいる一方で、失敗してしまったからリフォームしようと考える人もいます。失敗しないためにはどんなポイントを押さえておいたら良いのでしょうか。重要な三つのポイントを把握しておきましょう。